直線上に配置

「007」シリーズ



007/スカイホール
(Skyfall)
 
2012年(平22)12月1日公開/142分/
カラー/シネマスコープ/配給 ユナイテッド・アーティスツ
 
製作 マイケル・G・ウィルソン
バーバラ・ブロッコリ
脚本 ニール・パーヴィス
ロバート・ウェイド
ジョン・ローガン
 監督 サム・メンデス
撮影 ロジャー・ディーキンス 音楽 トーマス・ニューマン
 編集 スチュアート・ベアード
出演-ダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム、ジュディ・デンチ、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ベレニス・マーロウ、ベン・ウィショー、ロリー・キニア、オーラ・ラパス、アルバート・フィニー
AmazonPlimeVideo  https://amzn.to/3tJcccM

前作から約4年後に公開された007シリーズ第23作目。
ダニエル・クレイグ主演のジェームズ・ボンドの第3作。ショーン・コネリーの007第一作から50周年となる記念作。
さすがにアカデミー受賞監督らしく、重厚で素晴らしい出来栄えとなっている。

ストーリーが非常にわかりやすいのが良い。
ボンドガールは前面に出て来ないが、ジュディ・デンチ演ずるMを際出せるための結果だろう。

派手なアクションシーンが続いていくが、ラストには古典的な武器で戦う姿と、ボンド自身の先祖返りと重なっていく構成が見事だ。
ハビエル・バルデム演ずるホモっぽい悪役は、Mを倒錯的に「愛する」事でか自身を救えない。
それはダニエル・クレイグ演ずるボンド自身の姿と表裏一体。二人の「母」であるMを失って、やっと戦いは終わって行く。

上海での狙撃シーンの照明効果が素晴らしい。またラストの、多分新たに作ったであろう家屋も良い。タイトルの由来もまた素晴らしい。

シリーズ公開50周年にふさわしい傑作映画。

以下Wikiより転載
-------------------------------------------------------------------------------------
『007 スカイフォール』(原題: Skyfall)は、2012年のスパイアクション映画で、イーオン・プロダクションズが製作する「ジェームズ・ボンド」シリーズの第23作目にあたる。監督はサム・メンデス、脚本はニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド、ジョン・ローガンが務め、アデルが作詞・作曲した主題歌「スカイフォール」が使用されている。ダニエル・クレイグが架空のMI6諜報員、ジェームズ・ボンドを演じる3作目の作品である。

1962年に『007は殺しの番号』で始まったシリーズの50周年記念作品として、2012年10月23日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでプレミア上映され、英国では10月26日、北米では11月9日、日本では12月1日に公開された。IMAXカメラでの撮影はされていないが、IMAXシアターで上映されるシリーズ初作品となった。アカデミー賞2回、BAFTA賞2回、グラミー賞2回など、数々の賞を受賞した。全世界での興行収入が10億ドルを超えた史上14番目の作品となり、歴代興行収入第7位、英国での興行収入第1位、シリーズの興行収入第1位、ソニー・ピクチャーズとMGMの両社内での全世界での興行収入第1位、2012年の興行収入第2位を記録した。

企画
『スカイフォール』の製作は、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)の財政難のために2010年の間は中断されていた。2010年12月21日にMGMの再建の目途が立つとプリプロダクションが再開され、そして翌2011年1月、MGMとイーオン・プロダクションズ(イオン・プロ)より、2011年後半より製作を開始し、2012年11月9日公開を予定していることが公式発表された。その後MGMとソニー・ピクチャーズは、イギリスとアイルランドでの公開日をアメリカ合衆国の11月9日より2週間前倒しとなる10月26日に変更した。製作費は『慰めの報酬』の2億ドルから下がって1億5000万ドルである。

本作は『007/ドクター・ノオ』から始まる『007』シリーズの50周年記念事業の一部となる。プロデューサーのマイケル・G・ウィルソンによると、50周年のドキュメンタリー映画も製作される。本作は『007』シリーズとしては初めてとなるIMAX上映が行われる。

タイトル
2011年8月、セルビアの新聞『ブリツ』誌上にて「『007』23作目の題は『Carte Blanche』となり、ジェフリー・ディーヴァーの小説『007 白紙委任状』を原作とする」と書かれていると、複数のニュースサイトが報じた。8月30日、イーオン・プロダクションズは、「新しい映画は『Carte Blanche』ではなく、ジェフリー・ディーヴァーの小説とも何の関係もない」という公式声明を出した。

2011年10月3日、MGMとソニー・ピクチャーズにより、「jamesbond-skyfall.com」、「skyfallthefilm.com」を含む15個のドメイン名が登録されたと報じられた。これにより、映画のタイトルは「Skyfall」になるという仮定にメディアは至った。これらの報道に対し、イオン・プロ、ソニー、MGMは特に反応しなかった。

翌11月の記者会見にて、『Skyfall』という題は正式に発表された。共同プロデューサーのバーバラ・ブロッコリは、このタイトルは「映画の中で明らかにされるいくつかの感情的なコンテキストがある」と述べた。

スタッフ
『スカイフォール』を監督するサム・メンデスは『慰めの報酬』の公開直後にプロジェクトへの参加契約を済ませており、MGMの財政難騒動の間には「コンサルタント」となっていた。メディアでは、メンデスは演技を重視してアカデミー賞を獲得するために脚本からアクションシーンを削るだろうと憶測された。しかしながらメンデスは、予定されているアクションシーンは映画において重要な部品であると述べ、報道を否定した。過去にアカデミー監督賞を受賞したことのある監督が007シリーズを監督するのは史上初である。また、メンデスは『ロード・トゥ・パーディション』でもクレイグと組んだことがある。

脚本は元々、ピーター・モーガンへ依頼されていたが、MGMの経営危機問題で映画の製作がストップしていたことにより降板し、最終的に執筆することとなったのは『007』シリーズの常連脚本家であるニール・パーヴィスとロバート・ウェイドに、ジョン・ローガンを加えた面々となった。2011年9月、モーガンは最終的な脚本は彼のアイディアに基づいていると述べた。

撮影監督は、『ジャーヘッド』、『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』でもメンデスと組んだロジャー・ディーキンスが務める。ディーキンスが撮影でアリ・アレクサカメラを使った。プロダクション・デザイナーにはデニス・ガスナーが続投し、衣装デザイナーにはジャイニー・テマイム、第二班監督にはアレクサンダー・ウィット、スタント・コーディネーターにはゲイリー・パウエル、特殊効果監修にはクリス・コーボールド、視覚効果スーパーバイザーにはスティーヴ・ベッグと、これまでの『007』のスタッフが起用された。

タイトル・シークエンスではダニエル・クラインマン(が『カジノ・ロワイヤル』以来デザインに復帰。本編スタッフと別に撮影監督をリドリー・スコット作品で知られるジョン・マシソン(クレジット無し)が、CGIはフレームストア社が担当した。

ロケーション
トルコのヴァルダ鉄道橋。冒頭のボンドの転落シーンに使用された

本作に登場する廃墟の島のモデルとなった長崎県の軍艦島
2011年4月、サム・メンデスとバーバラ・ブロッコリはロケ地探しのために南アフリカを訪れた。8月にプリプロダクションに移ると、撮影はインドで行われ、一部場面はニューデリーのサロジニ・ナガール地区やゴア州とアフマダーバードの間の鉄道で行われると報じられた。製作スタッフはコンカン鉄道を封鎖する許可を得るのに難航していた[71]。『ダークナイト ライジング』や『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』も同様の問題に直面していた。その後インド当局によりいくつかの制限が追加された上で許可が下りたが、結局製作スタッフはインドで撮影しないことに決めた。撮影にはイスタンブールのコンスタンティノープル競馬場、アヤソフィア博物館、フェトヒイェ、アダナ近くのヴァルダ鉄道橋が浮上し、国内で3か月費やされると予想された。

メンデスは中華人民共和国が映画に登場し、上海や他多数の国々で撮影することを明かした。上海のホテルで泳ぐ場面はロンドンで撮影された。2012年2月1日、パイン・ウッドスタジオのセットのダニエル・クレイグが映った公式画像が初公開された。

2012年4月の報道では、日本の長崎県の端島(通称:軍艦島)での撮影が報じられたが[80][81]、安全性を考慮して現地でのロケ撮影は行われず、実際には端島でのロケハンで撮影された写真をもとにロンドン郊外にセットを建造し、そこで撮影がなされた[82][83]。作中ではマカオ海岸沖の架空の島の場面に設定された[84]。映画のフィナーレはスコットランドアーガイルのダントルーン城で撮られる予定であったが[85]、撮影開始直後に中止された[86]。その場面は代りにグレンコーで撮影された[87]。スコットランドにあるボンドの家族の家のスカイフォールは、サリー州Hankley Commonで[88]合板と石膏を使ってフルスケールモデルの建物が築かれた[89]。

撮影
主要撮影期間は133日間を予定していた。撮影は2011年11月7日に開始され、ロンドン周辺の、サザーク (Southwark) 、ホワイトホール、ナショナル・ギャラリー、スミスフィールド、聖バーソロミュー病院、カナリー・ワーフ、エネルギー・気候変動省、チャリング・クロス駅、グリニッジの旧王立海軍大学で行われた。ヴォクスホール・ブリッジは、ヴォクスホール・クロスのMI6本部の爆破を撮影するために通行禁止にされた。巨大なレプリカの建物を実際に爆発させた『ワールド・イズ・ノット・イナフ』とは異なり、『スカイフォール』ではポストプロダクション時にデジタルで爆発が加えられる。

製作は2012年3月にトルコに移り、5月6日まで撮影が続くことが報じられた。アダナでの格闘シーンのリハーサル中、トルコ人のティーンエイジャーのグループが現場に忍び込み、その後警備員に捕らえられるという事件が起こった。4月にはイスタンブールのスパイス・バザール、イェニモスク、帝国郵便局、コンスタンティノープル競馬場、カパルチャルシュなどが撮影のために封鎖された。報道によると、撮影地の店主たちは封鎖期間中に営業をすることもできたが、あまり業績がよくなく、そしてその結果代わりに補償として1日につき750リラ(418米ドル)が支払われた。都市でオートバイ・チェイスを撮影した際、製作者は建物に損害を与えたという批判に晒された。マイケル・G・ウィルソンは、撮影の期間中は複製を作って本物と入れ替え、終了したら元に戻していると説明した。

日本の長崎市軍艦島は、実際にロケをするには危険すぎるということで使われることはなかったが、ロケハン並びにアイデアを使わせてもらったことで、長崎市長への謝辞がエンドロールに収められている。

音楽
トーマス・ニューマン
作曲家には、前作までのデヴィッド・アーノルドに代わり、これまでサム・メンデス作品を手がけてきたトーマス・ニューマンが起用された。アーノルドは、自分が2012年ロンドンオリンピックの開会式で作曲家としてダニー・ボイルに協力しなければならなかったからだとコメントしている。

2012年10月、イギリスのシンガーソングライターのアデルがポール・エプワースと共に主題歌の「スカイフォール」を書き、録音を済ませたことが発表された。曲は『007/ドクター・ノオ』から50周年となる「ジェームズ・ボンド・デイ」の2012年10月5日、午前0時7分(BST)にオンラインで公開された。また、主題歌候補としてミューズ (バンド)が「スプレマシー」を歌っているが選考で敗れた。

公開と反応
プレミア上映は2012年10月23日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われた。上映にはチャールズ3世(当時皇太子)とカミラ妃が出席した。

興行収入
『007 スカイフォール』の全世界での興行収入は11億856万ドルに達した。

イギリスでは公開から40日目に、イギリス国内の累計興行収入が1億5000万ドルを記録し、それまでの歴代1位であった『アバター』を超え、イギリス歴代興収1位となった[108]。最終的な興行成績は1億6237万ドル。

北米では『007』シリーズとしては史上最大となる3505館で封切られ、公開初日に3080万ドル、初週末には8780万ドルを売り上げ、『007』シリーズとしては最高の滑り出しとなった。 累計興行成績は3億416万ドルを記録し、2012年公開作品の4位、007シリーズとしては歴代1位の成績をマークした。また、チケット代のインフレーションを考慮しても『007 スカイフォール』は『007/サンダーボール作戦』 『007/ゴールドフィンガー』に次ぐ3位の成績をマークする華々しい結果となった。

日本では『007』シリーズ史上初めて日本語吹替え版を同時上映する事が決定し[、2012年12月1日にTOHOシネマズ日劇他584スクリーン(日本語字幕355、日本語吹替え229)で公開され、初日2日間で動員39万8754人、興収4億5463万9650円という、ダニエル・クレイグ主演の『007』シリーズとしては最高のオープニング成績を記録し、初登場1位となった。2013年1月6日時点で興行収入は24億円を突破し、ダニエル・クレイグ主演の『007』シリーズとして最高のヒットを記録し、ピアース・ブロスナンが5代目ジェームズ・ボンドとして主演した『007』シリーズの興行収入をも超えた。なお、MGMは、本作と『ホビット 思いがけない冒険』の成功により、破産状態から見事脱却した。

批評家の反応
『007 スカイフォール』は、批評家から主に肯定的な評価を受けた。レビュー集約サイトのRotten Tomatoesでは232件で91%の支持を集め、平均点は8.2/10となった。有力媒体のレビューから得た評価を数値化し、加重平均値を出すMetacriticでは、43件のレビューで81/100を記録した。『デイリー・テレグラフ』の映画レビュアー、ロビン・コリンズ)は、『007 スカイフォール』は「常に大胆な、しばしばまぶしい」と述べ、アクションシーンにも触れ、「ユーモアと暖かさがいっぱい」と評した。『タイムズ』のケイト・ミューアは、「偉大な英国のブルドッグの映画だ...古典的なボンドへの凱旋」と述べ、「007の復活、そして最高の1本として残るだろう」と考えた[118]。ロジャー・イーバートは星4つの満点を与え、「この数年間で最高のボンド映画」と評価した。イーバートがボンド映画に星4つを与えたのは『カジノ・ロワイヤル』以来である。
第86回(2012年度)キネマ旬報読者選出外国映画ベスト・テン第10位。

受賞とノミネート
賞 部門 対象 結果
英国アカデミー賞 英国作品賞 マイケル・G・ウィルソン、バーバラ・ブロッコリ、サム・メンデス 受賞
助演男優賞 ハビエル・バルデム ノミネート
助演女優賞 ジュディ・デンチ ノミネート
編集賞 スチュアート・ベアード ノミネート
撮影賞 ロジャー・ディーキンス ノミネート
作曲賞 トーマス・ニューマン 受賞
プロダクションデザイン賞 デニス・ガスナー、アンナ・ピンコック ノミネート
音響賞 ノミネート
アカデミー賞 撮影賞 ロジャー・ディーキンス ノミネート
作曲賞 トーマス・ニューマン ノミネート
音響編集賞 パー・ハルバーグ、カレン・ベイカー・ランダース 受賞
歌曲賞 「スカイフォール」
アデル、ポール・エプワース 受賞
録音賞 スコット・ミラン、グレッグ・P・ラッセル、スチュアート・ウィルソン ノミネート

007シリーズがオスカーを受賞したのは1964年の『007/ゴールドフィンガー』の第37回アカデミー賞の音響編集賞、1965年の『007/サンダーボール作戦』の第38回アカデミー賞の特殊視覚効果賞以来3度目で、47年ぶりの受賞となった。ノミネートは1981年の『007/ユア・アイズ・オンリー』以来31年ぶりとなる。

英国アカデミー賞で007シリーズが受賞したのも1963年の『007/ロシアより愛をこめて』の撮影賞以来であり、英国作品賞受賞はシリーズ史上初の快挙である。



TOP

弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2022, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置