直線上に配置

FTTH-movie

「拝啓 渥美清 様」
<渥美清の映画に関しての個人的考察サイト>


「勝新と雷蔵」
<勝新太郎と市川雷蔵に関しての個人的考察サイト>


「日本特撮映画史」
<円谷英二の映画に関しての個人的考察サイト>


直線上に配置

 ★ 駄作  途中でやめたくなる
 ★★  凡作  興味あれば
 ★★★  普通  それなりの出来
 ★★★★  佳作  かなり面白い
 ★★★★★  傑作  超オススメ

 ER 緊急救命室
24時間昼夜を問わずあらゆる急患を待ち受ける緊急救命室。
戦場さながらの生死のドラマが展開するハードな現場で、日夜奮闘する人間味あふれる登場人物たちが、
様々な成功・挫折・恋愛・別れを経て成長していくヒューマンドラマ。

映画「ジュラシック・パーク」「タイムライン」などの原作で知られるヒット・メーカー、マイケル・クライトンが製作総指揮、
スティーブン・スピルバーグ率いるアンブリン・テレビジョンが共同製作して誕生した「ER 緊急救命室」は、94年アメリカのNBC系列で放送スタート。
シカゴのカウンティ総合病院を舞台に、臨場感あふれる医療現場とそこで働く医師や看護婦たちの公私にわたる生活や人間関係リアルに描いた本作は、
全米での放送開始以来、現在までの10 年間にわたってテレビ・ファンの圧倒的な支持を集めているロングラン・メガヒット・ドラマである。
「ER緊急救命室」と聞いて、まずイメージするのは病院を舞台にした医療ドラマだろう。しかし、「ER」はただの医療ドラマではない。
次々と運び込まれる患者たち、リアルな緊急治療場面、飛び交う医学用語、寝る間もなく駆けずり回る医師と看護婦たち、そして彼らが抱える個人的問題の数々…。
これらが息つく暇もないほどのスピード感で次々と押し寄せる。アクション、ドキュメンタリー、サスペンス、メロドラマ…。
あらゆる要素を兼ね備えた究極の人間ドラマ、それが「ER」なのだ。

「ER」はエミー賞23部門、ゴールデン・グローブ賞、全米監督協会賞、全米俳優協会賞、全米脚本家協会賞、
全米キャスティング協会賞、ピープルズ・チョイス・アワード、ゴールデン・リール・アワード賞を含む、様々なアワードを通算99部門で受賞!

主な受賞:
■エミー賞 作品賞、キャスティング賞、監督賞[ミミ・レダー]音響賞、音響編集賞、シングル・カメラ編集賞、脚本賞ほか
■ゴールデン・グローブ賞 主演男優賞[1998年 A.エドワーズ]
■全米俳優協会賞 アンサンブル賞[1996年より4年連続]、主演男優賞[A.エドワーズ2回]、主演女優賞[J.マルグリーズ 2年連続]
■ピープルズ・チョイス・アワード テレビドラマシリーズ[1997年より6年連続受賞]。

本作は米テレビ界アカデミー賞と称されるエミー賞に、史上最多・延べ124部門でノミネートされ、シーズン5まで5年連続受賞のほか、
計23のエミー賞を受賞、賞レース常連ドラマであった。シーズン13でもゲスト男優賞(フォレスト・ウィテカー)、スタントコーディネーション賞、
音響編集賞(シリーズ部門)の3部門でノミネートを獲得。また、シーズンプレミアでは1500万人を超える視聴者を獲得し、変わらぬ圧倒的な強さを見せつけた。

 ER シーズン1

レギュラー出演
出演
マーク・グリーン-アンソニー・エドワーズ
ダグラス・ロス-ジョージ・クルーニー
スーザン・ルイス-シェリー・ストリングフィールド
キャロル・ハサウェイ-ジュリアナ・マルグリーズ
ジョン・カーター-ノア・ワイリー
ピーター・ベントン-エリック・ラ・サール

原作-マイケル・クライトン/プロデュサー-ニール・ベア.キャロル・フリント

Amazon  ビデオ

 
話数 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト  星取表  寸評
1 24Hours
(甘い誘い)
マイケル・クライトントン ロッド・ホロコーム ウィリアム・H・メイシー  ★★★★  記念すべき第1話。登場人物の紹介と、多種多様な患者達が描かれる。
2 Day One
(誤診)
ジョン・ウェルズ ミミ・レダー -  ★★★★  主人公のグリーンは司法試験に受かった妻とトイレでいたす。延命を拒否する老女や、かかりつけ医を優先する患者などの点描。
3 Going Home
(マダムX)
リディア・クルーニー マーク・ティンカー ローズマリー・クルーニー  ★★★★  G・クルーニーの叔母が痴呆症の役で出演。吹き替えでの歌声だったが、ラストのエレベーターでの別れも含めてよかった。
4 Hit and Run
(ヒット エンド ラン)
ポール・マニング ミミ・レダー ウィリアム・H・メイシー  ★★★★  悲喜劇の数々。交通事故死した息子の両親を間違えたり、手錠セックスの不倫カップルが運び込まれたりして、可笑しい。
5 Into That Good Night
(心臓提供者を探せ)
ロバート・ネイサン チャールズ・ヘイド アラン・ローゼンバーグ  ★★★  心臓移植が叶わず死んでいく不動産屋と貧しい家庭の喘息持ち少女。ロスが金を工面するのはちょっと出来杉感がある。
6 Chicago Heat
(シカゴビート)
ジョン・ウェルズ エロディ・キーン -  ★★★  エアコンが壊れた酷暑の一日が舞台。コカイン吸引の少女の話と、女医スーザンの不良姉の話。それぞれの話の終わりが今ひとつ。
7 Another Perfect Day
(寂しい祝杯)
リディア・ウッドワード ヴァーン・ギラム ウィリアム・H・メイシー  ★★★  この回はレギュラー陣のエピソードが中心。ロスと思わずキスしてしまったキャロルとの関係が気になる。
8 9 1/2 Hours(z.k.z.Growing Up)
(成熟への苦しみ)
ロバート・ネイサン ジェイムズ・ヘイマン -  ★★★  グリーンは妻とセックス三昧。結婚7年目でこれだけヤれる夫婦は珍しい。ピーターは奨学金の試験に落ちてしまい落ち込む。
9 ER Confidential
(心の病)
ポール・マニング ダニエル・サクハイム ボンティ・カーティス  ★★★  女装愛好者の自殺に落ち込むカーター。スーザンは彼氏のうつ病に悩み、ロスは業者女とシケ込む。
10 Blizzard
(つかの間の安息)
ランス・A・ジェンティル ミミ・レダー ウィリアム・H・メイシー   ★★★★  大吹雪の中の休息と、40台玉突き事故の患者が運び込まれる修羅場の描写が抜群。キャロルは結婚指輪を披露する。
11 The Gift
(クリスマスの贈り物)
ニール・ベア フェリックス・エンリケ・アルカラ ローズマリー・クルーニー
CCHパウンダー
 ★★★★  臓器摘出に勇み足のピーター。スーザンとカーターが急接近。ラストのヘリコで運ばれていくプレゼントが印象的。
12 Happy New Year
(多事多難)
リディア・ウッドワード チャールズ・ヘイド ウィリアム・H・メイシー   ★★★  カーターは初めて手術室に。雑談しながらのオペシーンが可笑しい。中華系研修医の登場。スーザンは誤診の疑いが発出、窮地に。
13 Luck of the Draw
(はじめての挫折)
ポール・マニング ロッド・ホロコーム クリスティン・デイヴィス
ミン・ナ
ウィリアム・H・メイシー
  ★★★  ベントンは兄と口論、スーザンは医者としての自信を喪失、カーターに助手が付くが、電気装置のミスで気絶してしまう。
14 Long Day's Journey
(若い命を・・・)
ロバート・ネイサン アニタ・W・アディソン ミン・ナ
ウィリアム・H・メイシー
  ★★★  スーザンは敵対する医者の確執は氷解する。肉腫の少年、母親を虐待する娘など、ロスは落ち込む。
15 Feb. 5,'95
(ふたりの選択)
ジョン・ウェルズ ジェイムズ・ヘイマン ミン・ナ
ウィリアム・H・メイシー
  ★★★  延命を望まない老女と、ピストル持って殺しに来る黒人少年。グリーンと妻の亀裂が・・・。
16 Make of to Herats
(バレンタインの奇妙な一日)
リディア・ウッドワード ミミ・レダー ミン・ナ  ★★★★ HIV感染のロシアの女の子と犬の交流。スーザンは敵対医者から食事に誘われてしまう。中国研修医はLSD入りチョコを食べてしまう。
17 The Birthday Party
(惨めな誕生日)
ジョン・ウェルズ エロディ・キーン CCHパウンダー
ミン・ナ
 ★★★ キャロルはHIV少女を用紙にしようとする。ベントンは母の誕生日に間に合わない。グリーンは妻との距離が離れ始める。
18 Sleepess in Chicago
(彼我の狭間で)
ポール・マニング クリストファー・チュラック ウィリアム・H・メイシー
CCHパウンダー
 ★★★ ベントンは48時間働き通しで母親が転倒。キャロルは里親失格となりロスの元へ。
19 Love's Labor Lost
(生と死と)
ランス・A・ジェンティル ミミ・レダー ブラッドリー・ウィトフォード  ★★★★★ エミー賞5部門受賞 [監督・編集・音響編集・音響・脚本賞]
妊婦と赤ちゃんを救うシーンの迫力が凄い。反して父親に死を告げに行く静謐さも素晴らしい。エミー賞を受賞したのも頷ける。
20 Full Moon, Saturday Night
(土曜日の満月の夜)
ニール・ベア ドナ・ディチ マイケル・アイアンサイド  ★★★ 満月の夜の奇怪な患者たち。グリーンは落ち込み、ベントンは施設に入れる事を決意し、新しい部長がやってくる。"Twist & Shout"で踊るラストが印象的。
21 House of Cards
(試練のとき)
トレイシー・スターン フレッド・ガーバー マイケル・アイアンサイド
ミン・ナ
 ★★★ 新部長とグリーンの確執。中国研修医はミスを犯す。スーザンの姉が妊婦として帰ってくる。
22 Men Plan, God Laughs
(神は人間の画策を笑う)
ロバート・ネイサン クリストファー・チュラック マイケル・アイアンサイド  ★★★ カーターはベントンに感化されERドクターを目指す。グリーンは妻子に会いに。ベントンと介護士との間にほのかな恋心が・・・。
23 Love Among the Ruins
(それぞれの愛)
ポール・マニング フレッド・ガーバー マイケル・アイアンサイド  ★★★ それぞれの愛が実っていくのか、破綻していくのか・・・。
24 Motherhood
(母親)
リディア・ウッドワード クエンティン・タランティーノ CCHパウンダー  ★★★★ ベントンの母が死に、キャロル姉は出産。
監督タランティーノらしさが随所に見受けられ、面白い。
25 Everything Old Is New Again
新しき出発に向けて()
ジョン・ウェルズ ミミ・レダー CCHパウンダー
マイケル・アイアンサイド
 ★★★★★ ベントンは介護士に拒否られ、カーターは退所。キャロルの結婚は破綻、ER仲間とのパーティーで励まされ、そして日々は続いていく。



<参考 Wikipedia>

 
TOP

弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2021, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置