直線上に配置
FTTH-movie

「拝啓 渥美清 様」
<
渥美清の映画に関しての個人的考察サイト>

「勝新と雷蔵」
<
勝新太郎と市川雷蔵に関しての個人的考察サイト>

「日本特撮映画史」
<円谷英二の映画に関しての個人的考察サイト>

直線上に配置

 ★ 駄作  途中でやめたくなる
 ★★  凡作  興味あれば
 ★★★  普通  それなりの出来
 ★★★★  佳作  かなり面白い
 ★★★★★  傑作  超オススメ

  ER 緊急救命室

24時間昼夜を問わずあらゆる急患を待ち受ける緊急救命室。
戦場さながらの生死のドラマが展開するハードな現場で、日夜奮闘する人間味あふれる登場人物たちが、
様々な成功・挫折・恋愛・別れを経て成長していくヒューマンドラマ。

映画「ジュラシック・パーク」「タイムライン」などの原作で知られるヒット・メーカー、マイケル・クライトンが製作総指揮、
スティーブン・スピルバーグ率いるアンブリン・テレビジョンが共同製作して誕生した「ER 緊急救命室」は、94年アメリカのNBC系列で放送スタート。
シカゴのカウンティ総合病院を舞台に、臨場感あふれる医療現場とそこで働く医師や看護婦たちの公私にわたる生活や人間関係リアルに描いた本作は、
全米での放送開始以来、現在までの10 年間にわたってテレビ・ファンの圧倒的な支持を集めているロングラン・メガヒット・ドラマである。
「ER緊急救命室」と聞いて、まずイメージするのは病院を舞台にした医療ドラマだろう。しかし、「ER」はただの医療ドラマではない。
次々と運び込まれる患者たち、リアルな緊急治療場面、飛び交う医学用語、寝る間もなく駆けずり回る医師と看護婦たち、そして彼らが抱える個人的問題の数々…。
これらが息つく暇もないほどのスピード感で次々と押し寄せる。アクション、ドキュメンタリー、サスペンス、メロドラマ…。
あらゆる要素を兼ね備えた究極の人間ドラマ、それが「ER」なのだ。

「ER」はエミー賞23部門、ゴールデン・グローブ賞、全米監督協会賞、全米俳優協会賞、全米脚本家協会賞、
全米キャスティング協会賞、ピープルズ・チョイス・アワード、ゴールデン・リール・アワード賞を含む、様々なアワードを通算99部門で受賞!

主な受賞:
■エミー賞 作品賞、キャスティング賞、監督賞[ミミ・レダー]音響賞、音響編集賞、シングル・カメラ編集賞、脚本賞ほか
■ゴールデン・グローブ賞 主演男優賞[1998年 A.エドワーズ]
■全米俳優協会賞 アンサンブル賞[1996年より4年連続]、主演男優賞[A.エドワーズ2回]、主演女優賞[J.マルグリーズ 2年連続]
■ピープルズ・チョイス・アワード テレビドラマシリーズ[1997年より6年連続受賞]。

本作は米テレビ界アカデミー賞と称されるエミー賞に、史上最多・延べ124部門でノミネートされ、シーズン5まで5年連続受賞のほか、
計23のエミー賞を受賞、賞レース常連ドラマであった。シーズン13でもゲスト男優賞(フォレスト・ウィテカー)、スタントコーディネーション賞、
音響編集賞(シリーズ部門)の3部門でノミネートを獲得。また、シーズンプレミアでは1500万人を超える視聴者を獲得し、変わらぬ圧倒的な強さを見せつけた。

 ER シーズン3
レギュラー出演

マーク・グリーン-アンソニー・エドワーズ
ダグラス・ロス-ジョージ・クルーニー
スーザン・ルイス-シェリー・ストリングフィールド
キャロル・ハサウェイ-ジュリアナ・マルグリーズ
ジョン・カーター-ノア・ワイリー
ジェニー・ブル-グロリア・ルーベン
ケリー・ウィーバー-ローラ・イネス
ピーター・ベントン-エリック・ラ・サール

原作-マイケル・クライトン/プロデュサー-ニール・ベア.キャロル・フリント

 話数 サブタイトル 邦題  脚本 監督 ゲスト  星取表 
 1 Dr. Carter, I Presume ドクター・カーターではありませんか? ジョン・ウェルズ クリストファー・チュラック オマー・エップス/デビッド・シュワイマー ★★
 寸評 タイトルバックに新たにケリーが追加されている。シーズン2の初回と同じ脚本家だが、今回は演出とともに切れがない。カーターの初めてのドクター奮闘記でもあるが撮影もぐるぐる回っていのが目立ち的確でない。キャロルは前シリーズの終わりで仕事を辞めたはずだかしっかりと復職してその経緯も言及なし。一回目としては不調なスタートとなった。
 2  Let the Games Begin  新たなる挑戦  リディア・ウッドワード  トム・ムーア  オマー・エップス/ウィリアム・H・メイシー ★★★
 寸評  別の救急室が閉鎖となり新たな部長が就任して来る。ベントンはエイズが陽性となったジェニーを業務から外す。グリーンとスーザンはWデートから急接近となるのだろうか。
 3  Don't Ask, Don't Tell Don't Ask, Don't Tell  ジェイソン・ケイヒル ペリー・ラング  ジョージャ・フォックス/オマー・エップス ★★★★
 寸評  カンガルー事件発生から始まり、ラストのゴミ漁りカンガルーの落ちで終わるのが小気味よい。スーザンからハワイ行かない?と誘われてビビるグリーンがカワイイ。エイズ感染を偽るジェニーを、ケリーがそっと寄り添うのがイイ。
 4 Last Call  行きずりの女  サマンサ・ハワード・コービン  ロッド・ホロコーム  リサ・ニコール・カーソン/オマー・エップス ★★★
  寸評 ロスの行きずりの女が麻薬で急死。グリーンから疑惑をもたれる。ベントンは名医から患者に寄り添わない姿勢を批判される。弱ったロスを拒否するキャロルが勇ましい。
 5  Ghosts 幽霊たち  ニール・ベア  リチャード・ソープ  キルスティン・ダンスト/オマー・エップス ★★★
  寸評  ハロウィンの日。最初はフランケン等のブラックユーモア満載。延命拒否の老夫婦と診るジェニー、子供をあやすベントンが可笑しい。
 6 Fear of Flying  神よ、力を貸したまえ  ランス・A・ジェンティル  クリストファー・チュラック  オマー・エップス  ★★★★
  寸評 見応えあり。ヘリコでの事故現場での緊迫シーン。それに続く家族それぞれののER診療。ベントンは自身のうぬぼれ故に子供の命が危うくなる。名医の小児科医アビーにきつく批判され窮地に。 グリーンとスーザンの関係がぎくしゃく。
 7  No Brain, No Gain 脳死と誠意と後悔と  ポール・マニング  デイヴィッド・ナッター  オマー・エップス/ ウィリアム・H・メイシー ★★★★
  寸評 ロスが死亡勧告した子供をベントンが蘇生させるが。結局は脳死となる。医療への限界と誠意の相克。カーターは女医アビーに誘惑され、スーザンはERを去ることをベントンに告げる。 
 8 Union Station  別れの時 キャロル・フリント トム・ムーア   キルスティン・ダンスト/リサ・ニコール・カーソン ★★★★
  寸評 前回のラストで提示されたスーザンの退職。この回でもう去っていくのは唐突。
女医アビーとベントンのポエム会話、カーターと自室でスル欲情丸出しの会話の落差が面白い。ラスト、グリーンはスーザンに告白するのだが・・・。 
 9 Ask Me No Questions, I'll Tell You No Lies   偽り  バーバラ・ホール パリス・バークレー  オマー・エップス/ ウィリアム・H・メイシー ★★★
  寸評 スーザンが去って荒れるグリーンが、ジェニーのエイズ判定を無断で調査してしまう。 カーターとアビーはクリスマスツリーを求めて森の中へ。各人の不幸と幸福が交錯する。
 10 Homeless for the Holidays やるせない休日  サマンサ・ハワード・コービン  デイヴィス・グッゲンハイム  キルスティン・ダンスト/ オマー・エップス ★★★★
  寸評 XmasのERの日常。グリーンとケリーが、ジェニーの処遇を巡って討論。個人の権利を最優先させる米国らしい描写。ジェニーが自ら陽性を宣言、キャロルも含めて少しずつジェニーに寄り添い始める姿もまた米国らしい。 
 11 Night Shift  悲しみは夜明けに  ポール・マニング  ジョナサン・ロバート・カプラン  キルスティン・ダンスト/ オマー・エップス ★★
  寸評 大雪の日で診察が少なく閑散としたERだが、間延びした感じを受けてしまう。ロスとキャロルは復縁か?グリーンは看護師と寝てしまい、ベントンに叱責されたカーターの同僚が自殺を図る。 
 12 Post Mortem  友亡きあと  キャロル・フリント ジャック・トベレン キルスティン・ダンスト/ CCHパウンダー ★★★
  寸評 看護師達の職場放棄により、キャロルが医療ミスを起こしてしまう。ロスは不良少女の扱いに四苦八苦し、カーターは同僚の死に冷酷なベントンを批判する。 
 13 Fortune's Fools  突然の知らせ ジェイソン・ケイヒル  マイケル・ケイトルマン ウィリアム・H・メイシー/ リサ・ニコール・カーソン ★★★
  寸評 グリーンは看護師と別れ、患者に誘われてバーで会う。指導力に感服した学生たちにビールを奢られる。キャロルは病院側に反発、停職処分となる。ベントンは彼女が妊娠したと伝えられ、カーターが自分の指導下から去っていく。 
 14 Whose Appy Now? チャンス到来 ニール・ベア フェリックス・エンリケ・アルカラ クレア・デュヴァル/CCHパウンダー ★★★★
  寸評 ベントンの中耳炎を執刀するカーター他スタッフ達が可笑しい。グリーンは三角関係が露呈、ロスは延命拒否の少年の対応に悩み、ジェニーはDrフィッシャーのデートを受け入れる。
 15 The Long Way Around 険しい回り道 リディア・ウッドワード クリストファー・チュラック ユアン・マクレガー ★★★★
  寸評 キャロルが強盗事件に巻き込まれる番外編。以前、ロスが主人公で似たような回があった。日本のドラマのような定形パターンがなく見所はある。この事件をきっかけにキャロルは婦長に返り咲くのだろう。
 16 Faith 信念 ジョン・ウェルズ ジョナサン・ロバート・カプラン クレア・デュヴァル/リサ・ニコール・カーソン ★★★
  寸評 グリーンはダウン症患者の移植に憤怒し、ロスは延命拒否患者の意思の尊重に悩む。キャロルは復職し、ロスの優しさにほだされる。
 17 Tribes 偏見 ランス・A・ジェンティル リチャード・ソープ リサ・ニコール・カーソン ★★★
  寸評 グリーンが黒人と白人の対応の違いに悩む。日本人としては実感が無いので少々分かりづらい。カーターは心筋梗塞の患者を救い絶さかされる。ベントンの子を宿った女がジェニーの診察を受ける。 
 18 You Bet Your Life 命短し ポール・マニング クリストファー・チュラック クリストファー・チュラック ★★★
  寸評 カーターが部長の診断を無視して手術を強行、窮地に陥る。キャロルは若いドクターと衝突、ベントンは子供が気になる。 
 19 Calling Dr. Hathaway ドクター・ハサウェイ ジェイソン・ケイヒル/サマンサ・ハワード・コービン パリス・バークレー リサ・ニコール・カーソン ★★★
  寸評 キャロルが医大にパスする。カーターは同僚の不正が許せない。ベントンは早退してカーラの世話を焼き始める。 
 20 Random Acts   受難 キャロル・フリント  ジョナサン・ロバート・カプラン  リサ・ニコール・カーソン/ CCHパウンダー ★★★ 
  寸評 グリーンが暴漢に襲われる。ジェニーは元夫とよりを戻す。ロスの献身さに心打たれるキャロル。ERの暴露小説が話題に。犯人探しは最後まで分からないが、がケリーだとの暗示で終わる。 
 21      
  寸評
 22    
  寸評
 23            
  寸評  
 24            
  寸評  
 25            
  寸評  
 26            
  寸評  
 27            
  寸評  
 28            
  寸評  
 29            
  寸評  
 30            
  寸評  
 31            
  寸評  
 32            
  寸評  
 33            
  寸評  
 34            
  寸評  
 35            
  寸評  
 36            
  寸評  
 37            
  寸評  
 38            
  寸評  
 39            
  寸評  
 40            
  寸評  
 41            
  寸評  
 42            
  寸評  
 43            
  寸評  
 44            
  寸評  
 45            
  寸評  
 46            
  寸評  
 47            
  寸評  
 48            
  寸評  
 49            
  寸評  
 50            
  寸評  
 51            
  寸評  
 52            
  寸評  
 53            
  寸評