直線上に配置
FTTH-movie

「拝啓 渥美清 様」
<
渥美清の映画に関しての個人的考察サイト>

「勝新と雷蔵」
<
勝新太郎と市川雷蔵に関しての個人的考察サイト>

「日本特撮映画史」
<円谷英二の映画に関しての個人的考察サイト>

直線上に配置

 ★ 駄作  途中でやめたくなる
 ★★  凡作  興味あれば
 ★★★  普通  それなりの出来
 ★★★★  佳作  かなり面白い
 ★★★★★  傑作  超オススメ

  ER 緊急救命室

24時間昼夜を問わずあらゆる急患を待ち受ける緊急救命室。
戦場さながらの生死のドラマが展開するハードな現場で、日夜奮闘する人間味あふれる登場人物たちが、
様々な成功・挫折・恋愛・別れを経て成長していくヒューマンドラマ。

映画「ジュラシック・パーク」「タイムライン」などの原作で知られるヒット・メーカー、マイケル・クライトンが製作総指揮、
スティーブン・スピルバーグ率いるアンブリン・テレビジョンが共同製作して誕生した「ER 緊急救命室」は、94年アメリカのNBC系列で放送スタート。
シカゴのカウンティ総合病院を舞台に、臨場感あふれる医療現場とそこで働く医師や看護婦たちの公私にわたる生活や人間関係リアルに描いた本作は、
全米での放送開始以来、現在までの10 年間にわたってテレビ・ファンの圧倒的な支持を集めているロングラン・メガヒット・ドラマである。
「ER緊急救命室」と聞いて、まずイメージするのは病院を舞台にした医療ドラマだろう。しかし、「ER」はただの医療ドラマではない。
次々と運び込まれる患者たち、リアルな緊急治療場面、飛び交う医学用語、寝る間もなく駆けずり回る医師と看護婦たち、そして彼らが抱える個人的問題の数々…。
これらが息つく暇もないほどのスピード感で次々と押し寄せる。アクション、ドキュメンタリー、サスペンス、メロドラマ…。
あらゆる要素を兼ね備えた究極の人間ドラマ、それが「ER」なのだ。

「ER」はエミー賞23部門、ゴールデン・グローブ賞、全米監督協会賞、全米俳優協会賞、全米脚本家協会賞、
全米キャスティング協会賞、ピープルズ・チョイス・アワード、ゴールデン・リール・アワード賞を含む、様々なアワードを通算99部門で受賞!

主な受賞:
■エミー賞 作品賞、キャスティング賞、監督賞[ミミ・レダー]音響賞、音響編集賞、シングル・カメラ編集賞、脚本賞ほか
■ゴールデン・グローブ賞 主演男優賞[1998年 A.エドワーズ]
■全米俳優協会賞 アンサンブル賞[1996年より4年連続]、主演男優賞[A.エドワーズ2回]、主演女優賞[J.マルグリーズ 2年連続]
■ピープルズ・チョイス・アワード テレビドラマシリーズ[1997年より6年連続受賞]。

本作は米テレビ界アカデミー賞と称されるエミー賞に、史上最多・延べ124部門でノミネートされ、シーズン5まで5年連続受賞のほか、
計23のエミー賞を受賞、賞レース常連ドラマであった。シーズン13でもゲスト男優賞(フォレスト・ウィテカー)、スタントコーディネーション賞、
音響編集賞(シリーズ部門)の3部門でノミネートを獲得。また、シーズンプレミアでは1500万人を超える視聴者を獲得し、変わらぬ圧倒的な強さを見せつけた。

 ER シーズン4
レギュラー出演

マーク・グリーン-アンソニー・エドワーズ
ダグラス・ロス-ジョージ・クルーニー
キャロル・ハサウェイ-ジュリアナ・マルグリーズ
ジョン・カーター-ノア・ワイリー
ジェニー・ブル-グロリア・ルーベン
ケリー・ウィーバー-ローラ・イネス
アンナ・デル・アミコ-マリア・ベロ
エリサベス・コーディ/アレックス・ギングストン
ピーター・ベントン-エリック・ラ・サール

原作-マイケル・クライトン/プロデュサー-ニール・ベア.キャロル・フリント

 話数 サブタイトル 邦題  脚本 監督 ゲスト  星取表 
 1 Ambush 待ち伏せ キャロル・フリント トーマス・シュラム サマー・フェニックス/リサ・エデルシュタイン ★★★★
 寸評 オールビデオ撮影で米国での初回オンエアでは生放送された意欲作。ERの一時間をリアルタイムで追っている。新たに英国の外科医であるコーディが登場。
意欲作ではあるが余韻がないのに少し戸惑う。
★エミー賞最優秀技術監督・カメラ・ビデオ賞(シリーズ)受賞。
 2  Something New  新しいこと  リディア・ウッドワード  クリストファー・チュラック  チャド・ロウ/ダニール・ハリス ★★★
 寸評  実質的な第1話。グリーンは暴行事件を引きずり、ロスとキャロルはよりを戻す。新しい外科女医コーディはテキパキとこなし、ベントンは危機を脱した子供の命名で母親とぶつかる。ラスト、グリーンは新しい受付を独断で採用してしまう。
 3  Friendly Fire 友の争い  ウォルトン・グリーン フェリックス・エンリケ・アルカラ  ダニール・ハリス/リサ・ニコール・カーソン ★★★
 寸評  題名の意味がよくわからないが、グリーンはインポに悩む。ベントンは自身が包茎なので赤ちゃんの割礼を拒否するのがバレる。カーターは女医アンナとの仲が急接近。
 4 When the Bough Breaks  大枝の折れる時  ジャック・オーマン  リチャード・ソープ  リサ・ニコール・カーソン/マリスカ・ハージティ ★★★
  寸評 不摂生な生活をするグリーン。元妻に子供の面会を拒絶される。部長代理になったケリーは予算削減を強行しだす。カーターはベントンに無視されるのを問いただそうと言い争いになる。
 5  Good Touch, Bad Touch いい事も 悪い事も  デイヴィッド・ミルズ  ジョナサン・ロバート・カプラン  コビー・ベル/マリスカ・ハージティ ★★★
  寸評  グリーンと受付新人の仲が新天使、カーターは難しい病気を発見、
ベントンは女医コーディの活躍に脅威を感じる。睾丸がんの陸上選手が印象に残る。
 6  Ground Zero  ゼロの地点  サマンサ・ハワード・コービン  ダーネル・マーティン  クランシー・ブラウン/マリスカ・ハージティ ★★★
  寸評  ケリーは管理職セミナーでエリスと知り合う。グリーンと受付新人が恋仲になり、ロスの父親が事故死する。ベントンの思い込みでコーディとの関係が悪化。キャロルはアンナとカーターの祖母を訪ね、資産家を隠したカーターをなじる。
 7 Fathers and Sons  父と息子   ジョン・ウェルズ クリストファー・チュラック  ジョン・カラム/ ボニー・バートレット ★★★
  寸評 ロスの父親の事故死に、グリーンは付き添ってカリフォルニアに向かう番外編。死んだ父の奔放ぶりを懐かしむロス。グリーンは近くの実家で打ち解けない父親と、母親と過ごす。 
 8 Freak Show  見せ物 ニール・ベア ダーネル・マーティン   ダン・ヘダヤ/ハロルド・ペリノー ★★★
  寸評 故郷から戻ったグリーンは立ち直る。ウィーバーはHIV陽性のジェニーを解雇しなければならなくなり心痛めるが、ジェニーはHIVのせいだと抗議する。ベントンは学友の子供を研究材料にする外科名医に反旗を翻す。 
 9 Obstruction of Justice  公務執行妨害  ランス・A・ジェンティル  リチャード・ソープ  ダン・ヘダヤ/ クランシー・ブラウン ★★★
  寸評 ジェニーは保護団体の力を借りて復職するが、夫はシカゴへ去る。グリーンは新人受付とエロい関係を楽しむ。カーターは公務執行妨害で逮捕・勾留されるがアンナが救出する。 
 10 Do You See What I See? あなたにも見えますか  ジャック・オーマン  サラ・ピア・アンダーソン  ダン・ヘダヤ/ クランシー・ブラウン ★★★★
  寸評 クリスマスイブの一日。それぞれの幸せが描かれて好感。ロスとキャロルは関係を発表して祝福される。ベントンは丸くなり、コーディは休暇をやめて患者に寄り添う。
財団から高額の寄付金と大きなツリーの木が送られる。 
 11 Think Warm Thoughts  温かい思いを   デイヴィッド・ミルズ チャールズ・ヘイド  クランシー・ブラウン/ マイケル・アイアンサイド ★★★
  寸評 ケリーと管理会社のシナージックの関係は濃密となり、ERに本格導入の動きが。しかしグリーンは懐疑的。カーターは医学生の講師を始める。ロスはキャロルの母親に結婚の報告を知らせて一波乱。 
 12 Sharp Relief  苦しみに救いの手を  サマンサ・ハワード・コービン クリストファー・チュラック   コナー・トリナー/ジョージ・イーズ ★★★★
  寸評 カーターは麻薬中毒の甥をアンナとともに開放する。ベントンとコーディが急接近。キャロルは結婚を急ぐロスを横目に、救急師とキスをしてしまう。それぞれの関係が少しづつ変化しだす。 
 13 Carter's Choice カーターの選択  ジョン・ウェルズ  ジョン・ウェルズ ジョン・カラム/ ボニー・バートレット ★★★
  寸評 ケリーはシナージックのER管理契約に自分を利用されたと思い込む。シナージックは絶望して契約破棄して去っていく。ロスとキャロルは仲直り、ベントンは子供の母親との関係に亀裂が入り、コーディ
との距離が縮まる。カーターはレイプ犯人の積極的治療を拒み、アンナは批判する。 
 14 Family Practice 愛を知って キャロル・フリント チャールズ・ヘイド ジョン・カラム/ボニー・バートレット ★★★
  寸評 グリーンが母親が入院した知らせを受けて、故郷へ帰る番外編。痴呆の始まった母親と
肺気腫を患いながらタバコを吸う頑固父の和解がテーマ。
押しかけてくる受付新人がセックスの事が元で帰ってしまうが意味がわからない。
 15 Exodus 緊急脱出 ウォルトン・グリーン、ジョー・サクス クリストファー・チュラック ミッキー・ルーニー/エバ・メンデス ★★★★
  寸評 コーディが救急体験でビルの倒壊現場から重傷者を救出する。同時にERに有毒ガス患者が運び込まれて汚染される。緊急時にカーターが率先してER全体を取り仕切る。
 16 My Brother's Keeper いとこの番人 ジャック・オーマン ジャック・トベレン マリスカ・ハージティ ★★★
  寸評 グリーンと受付女子の間が終わる。ベントンは偶然会った姉にコーディを紹介する。
ジェニーは部長息子とデートの約束をする。カーターのいとこが麻薬中毒で運ばれてきて、重症。
 17 A Bloody Mess 混乱の中で リンダ・ゲイズ リチャード・ソープ ウィリアム・H・メイシー/リサ・ニコール・カーソン ★★★
  寸評 ベントンは思わず歩行者をはねる。が、アルコールが検出されほっと一安心。コーディーは人工血液の研究をロマノの了承無しにに進め対立する。部長息子のガンが再発する。
ガン罹患者としては身につまされる。 
 18 Gut Reaction 勇気ある反応 ニール・ベア T・R・バブ・サブラマニアン ウィリアム・H・メイシー ★★★
  寸評 キャロルの支援が絶たれる危機にカーターは直談判する。またカーターはあんなに骨髄検出をする。部長の息子が強い治療の反応で意識混濁、ジェニーは涙する。
ベントンは復帰したチーフドクターの内視鏡手術では反目・対立する。 
 19 Shades of Gray 暗い灰色の陰 サマンサ・ハワード・コービン ランス・ジェンタイル ウィリアム・H・メイシー/クリスティン・ローズ ★★★
  寸評 部長息子の葬儀に出席するジェニー。未成年の娘が脳死となり、父母と反目する少年との対立に
ロスは悩む。ベントンはチーフドクターを突き飛ばした事で停職になるが、
雨の夜、チーフドクターが非を認め去っていく。 
 20 Of Past Regret and Future Fear  過去の後悔と将来の不安   ジャック・オーマン アンソニー・エドワーズ  マイケル・ラパポート/ リサ・ニコール・カーソン ★★★ 
  寸評 ベントンとコーディーがついに寝る。カーターは財団の代表になるよう祖母に養成されるが
自分の道は医者だと断る。化学薬品を浴びて運ばれてきた男の、死んでいく姿が切ない。
 21 Suffer the Little Children  幼き者たちの受難  ウォルトン・グリーン クリストファー・チュラック スージー・カーツ  ★★★ 
  寸評 アンナの元恋人が小児科視察に来てカーターと不穏の空気。ベントンとコーディーの仲がバレる。
ロスはキャロルと協力して解毒治療を内密に進めるがグリーンに見つかる・・・。
 22 A Hole in the Heart   心にあいた穴 リディア・ウッドワード レスリー・リンカ・グラッター -  ★★★ 
  寸評 ロスの内密治療にグリーンは激怒するが上司側は不問に付すようだ。
アンナの元恋人は招聘されてシカゴに逗まるかもしれない。
コーディーは保証人を反故にされ、イギリスに戻らなければならなくなるかもしれない。
色々の問題を抱えながら救急患者が運び込まれて、忙しい日々は続いていく。