直線上に配置
バナー
ジョン・フォードの映画

【John Ford】
(1894年2月1日 - 1973年8月31日)

アメリカ合衆国の映画監督、脚本家、映画プロデューサー、俳優。
1910年代から1960年代にかけての50年以上のキャリアで140本を超える作品を監督し、
同時代の最も重要で影響力のある映画監督のひとりとして広く認められている。
『駅馬車』(1939年)や『捜索者』(1956年)などの西部劇や、
『静かなる男』(1952年)などの自身のルーツのアイリッシュを題材にした作品、
『怒りの葡萄』(1940年)などの20世紀アメリカ文学の映画化で知られる。
アカデミー賞では監督賞を史上最多の4回受賞している。

享年79

5/12 更新


 ★ 駄作  途中でやめたくなる
 ★★  凡作  興味あれば
 ★★★  普通  それなりの出来
 ★★★★  佳作  かなり面白い
 ★★★★★  傑作  超オススメ

「高倉健の映画」


「007シリーズ」

「拝啓 渥美清 様」
<俳優渥美清の映画に関しての個人的考察サイト>


「勝新と雷蔵」
<勝新太郎と市川雷蔵映画に関しての個人的考察サイト>


日本特撮史
<円谷英二の軌跡と日本の特撮史の考察サイト>

1894年
(明治27年)
0歳
1894年2月1日、アメリカメイン州のケープ・エリザベスに、アイルランド移民の子として生まれる。
13人兄弟の末っ子であった。本名はジョン・マーティン・フィーニーだが、後年しばしば本名のゲール語形であるショーン・アロイシャス・オフィーニーあるいはオファーナを名乗った。
1914年
(大正3年)
20歳
高校卒業後の1914年、俳優兼監督として活躍していた兄のフランシスを頼って、フランシスの働くユニバーサル・ピクチャーズに入社。小道具係やスタントマンなどとして働き始める。やがて俳優となり、ジャック・フォード名義で、フランシスが監督・主演の『名金』やD・W・グリフィスの『國民の創生』などに出演した。
1917年
(大正6年)
23歳
1917年、二日酔いで仕事が出来なくなった兄のフランシスに代わって助監督を務めるが、フランシスの演出シーンをユニヴァーサルの重役カール・レムリが気に入り、監督に昇進。同年に『颱風』で監督デビューを果たした。
初期の頃は、低予算の西部劇専門の映画監督として活躍し、ハリー・ケリー主演の映画を26本手がける。1921年にフォックス社(後の20世紀フォックス)に移籍。1923年からジョン・フォードと改名し、翌1924年には大陸横断鉄道の建設を描いた大作『アイアン・ホース』で大きな評価を得て、一級監督となった。

1927年にドイツのベルリンを訪れ、F・W・ムルナウに直接映画技法を学んだ。1928年にはドイツ表現主義から影響を受けた『4人の息子』を発表している。後の作品にも表現主義から影響を受けたとされる照明・撮影技術が使われている。
 1924年
(大正13年)
30歳
 
解説 「アイアン・ホース」★★
(1924年8月28日米国公開・モノクロ無声・150分)

脚本-チャールズ・ケニヨン、ジョン・ラッセル、チャールズ・ダーントン
出演-ジョージ・オブライエン、マッジ・ベラミー、チャールズ・エドワード・ブル

製作・監督-ジョン・フォード
 1926年
(大正15年)
32歳
 
解説 「三悪人」★★
(1926年8月28日米国公開・モノクロ無声・95分)

脚本-ジョン・ストーン、マルコム・スチュアート・ボイラン、ラルフ・スペンス
出演-ジョージ・オブライエン、オリーヴ・ボーデン、ルー・テリジェン、J・ファレル・マクドナルド、トム・サンチ

監督-ジョン・フォード

<参考> Wikipedia



弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2022, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置