直線上に配置

高倉健の映画



網走番外地 大雪原の対決
 
1966年(昭41)12月31日公開/東映東京/89分
総天然色/シネマスコープ
 
企画 植木照男 脚本 神波史男
松田寛夫
 監督 石井輝男
撮影 稲田喜一 音楽 八木正生  美術 藤田傅
出演-高倉健・吉田輝雄・嵐寛寿郎・大原麗子・内田良平・上田吉ニ郎・関山耕司・小松方正・由利徹・田中邦衛・砂塚秀夫・佐山俊二
Amazon Plaime Video https://amzn.to/3Lswe2C

「網走番外地」シリーズ第7作。
前作「荒野の対決」から4ヶ月後の公開。年度別日本映画の国内興行成績1位の大ヒット作。

ここ3作続けての「対決」シリーズとなっている。
ファーストシーンは題名の通りの大雪原。クレジットに「協力・士別市」とあったので士別の山奥だろう。
馬が暴走して木材と共に囚人が転げ落ちるシーンが大迫力。

そして出所後、健さんは吉田輝雄と共に大原麗子を訪ねる。
大原はシリーズ4作続けての連続出演。この回にも馬のそりを引くシーンを実際に操っている。
吉田も前回に続けての出演。石井監督はコンビネーションを大切にした監督のようだ。

脚本はそれまで石井監督単独だったが、この回に初めて神波史男と松田寛夫が参画。
上田吉二郎のニセ鬼虎とか、嵐寛の扱いなどがちよっと目新しさがある。

内田良平の対決ラストが物足りないのが残念だが、
詰めかけた観客たちは大いに満足して劇場を後にしただろう。




TOP

弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2022, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置