直線上に配置

高倉健の映画



網走番外地 決斗零下30度
 
1967年(昭42)4月20日公開/東映東京/88分
総天然色/シネマスコープ
 
企画 植木照男 脚本 石井輝男  監督 石井輝男
撮影 中島芳男 音楽 八木正生  美術 藤田傅
出演-高倉健・丹波哲夫・嵐寛寿郎・田崎潤・大原麗子・吉田輝雄・由利徹・田中邦衛・三原葉子・安部徹
Amazon Plaime Video  https://amzn.to/3yuduMk

「網走番外地」シリーズ第8作。
高倉健主演作としては前作「日本侠客伝 白刃の盃」から3ヶ月後の公開。

脚本は再び監督の石井輝男単独の執筆。
舞台は極寒の北海道。大変な撮影だったろうとは思えるが、つまらない出来となっている。

子役の少女の造形が面白いが、またもや実際の馬を殺すシーンが有って正視に耐えない。
久し振りの丹波哲郎がゲストだが、善人だが悪人の造形が底が浅く、酷い。
早く終わって欲しいと願いながら見てしまった。

高倉健自体は、子供好きで、ぶっきらぼうで茶目っ気たっぷりの演技は魅力的なのだが、
ストーリーがつまらなく弾けず駄作の出来となってしまった。




TOP

弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2022, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置