直線上に配置

高倉健の映画



日本侠客伝
関東篇
 
1965年(昭40)8月12日公開/東映京都/98分/
総天然色/シネマスコープ
 
企画 俊藤浩滋
日下部吾郎
脚本 村尾昭
笠原和夫
野上龍雄
 監督 マキノ雅弘
撮影 吉田貞次 音楽 斎藤一郎  美術 富田治郎
出演-高倉健・鶴田浩二・長門裕之・南田洋子・北島三郎・天津敏・待田京介・藤純子・大木実・丹波哲郎

同年1月に公開された「日本侠客伝」シリーズの第3作目。
年度別日本映画の国内興行成績5位。
舞台は再び関東で、震災直後の築地の魚河岸。

今回は北島三郎がゲスト。元ヤクザの寿司屋の大将を演じている。
いつものように天津敏が悪役で、魚河岸界隈を牛耳ろうと諍いが起こる。

長門裕之の行動が今ひとつ論理的につながっていない。
待田京介の、思わせぶりなシーンも不要に思う。詰めがされていない印象。

ラストは鶴田浩二と高倉健が二人して殴り込みへ。
上半身裸の高倉はかっこよく決まっている。そして二人してお縄にかかる。
少しづつ任侠映画の黄金パターンへと近づいて来ている。




TOP

弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2021, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置