直線上に配置

高倉健の映画



日本侠客伝
血斗神田祭り
 
1966年(昭41)2月3日公開/東映京都/98分/
総天然色/シネマスコープ
 
企画 俊藤浩滋
日下部吾郎
脚本 笠原和夫  監督 マキノ雅弘
撮影 わし尾元也 音楽 斎藤一郎  美術 川島泰三
出演-高倉健・藤純子・鶴田浩二・藤山寛美・河津清三郎・野際陽子・大木実・中原早苗・天津敏・山本麟一・里見浩太朗・長門裕之・遠藤辰雄・山城新伍

前年8月に公開された「日本侠客伝」シリーズの第4作目。

高倉健にとっては、2週間前に公開された「昭和残侠伝 唐獅子牡丹」が大ヒットしての絶好調の時期。
しかし内容は残念ながらそれほど面白くはない。

マキノ監督は神田の火消しを丁寧に描いているが、鶴田浩二やら藤山寛美のゲスト陣のキャラが的確性を欠く。

鶴田は親分の娘である野際陽子と逃避行して来た設定。それを連れ戻しに来る、片目潰しの長門裕之は好演しているのだが
ラストに鶴田が殴り込みに行く意味が分からなかった。私がそれまでの台詞を見逃したのか、とにかく唐突に鶴田が天津敏を殺しに行く動機が不明。鶴田は天津の組に世話になっているはずなのに・・・・。

高倉健と、幼馴染の小林勝彦・藤純子夫婦との関係も今ひとつ。
高倉と藤との叙情漂う逢う瀬のシーンが欠落しているので感情移入できない。

また藤山寛美と中原早苗の関係も今ひとつ弾けない。寛美の芸達者ぶりは分かるが物語には深く関係してこないので、
ただの見世物キャストにしかなっていない。





TOP

弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2021, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置