直線上に配置

高倉健の映画



日本侠客伝
白刃の盃
 
1967年(昭42)1月28日公開/東映京都/94分
総天然色/シネマスコープ
 
企画 俊藤浩滋
日下部吾郎
脚本 中島貞夫
鈴木則文
 監督 マキノ雅弘
撮影 わし尾元也 音楽 斎藤一郎  美術 川島泰三
出演-高倉健・藤純子・長門裕之・伴淳三郎・菅原謙二・大木実・砂塚秀夫・三島ゆり子・天津敏・清水元・宮園純子
 Amazon Plaime Video https://amzn.to/3MVNldh

前年9月に公開された「日本侠客伝」シリーズの第6作目。

脚本が、当時としては若手の中島康と鈴木則文が担当。それまでとは少し趣が異なって入るが、基本プロットは変わらない。

伴淳三郎が渋くて良い。
1958年から始まった東宝の喜劇「駅前」シリーズで人気者となり、2年前の同じ東映東京作品「飢餓海峡」の演技で演技派と認められた。この作品では元ヤクザの食堂の親父を、持ち味のおとぼけで可笑しく演じているが、殴り込みへと向かうラストでは凄みのある演技を見せてくている。

高倉健は、ますます無口になり、子供好きな無垢の笑顔と、ラストの天津敏を追い詰める厳しさのギャップにしびれる。
今回は、女房役の藤純子とのやりとりも良かった。ラスト、高倉の表情を見ただけで死地に向かう事を悟り、生きて捕まって下さい、私はずっと待ってます、のセリフに涙した。

「昭和残侠伝」の大ヒットの影響か、この映画でも高倉が主題歌を歌っている。
またラストの道行に主題歌が流れるのも同じだが、ちょっとチグハグさは否めないのが残念な所。




TOP

弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2022, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置