直線上に配置

ALK陰性
未分化大細胞リンパ腫

闘病の日々

愛知県に住む62歳10ヶ月の男Iです。突然、悪性リンパ腫になってしまいました。
これから先、突然に同病を患う人も居ると思われるのでその参考になればと思いupしていきます。

19年前の「結核性胸膜炎・闘病記」はこちら

 発症~入院 抗がん剤投与①~退院  >通院・抗がん剤投与②~ 




2020/8/25

今日は外来へ行ってきた。

本来なら本日は抗がん剤投与の2クール目なのだが、通院治療用のベッドが満床らしく、来週に一回ずれた。

採血の結果は以下。

 正常値 8/7
(投与1日目)
8/11
(投与5日目)
8/14
(投与8日目)
8/17
(投与11日目)
8/20
(投与14日目)
8/25
(投与19日目)
  白血球 感染症 3300-8600   15730 7640  3320  860  2480  8740 
 赤血球 貧血めまい  435-555  444  414  475 453 445 449
ヘモグラビン  出血貧血  13.7-16.8  13.8  12.7  14.6  13.9  13.7  13.9
血小板 口内炎  15.8-34.8 26.1 23.2 21.9 15.1 22.1 25.4
好中球  感染症
免疫力低下
 38.5-80.5  89.7  93.8  74.4  26.7  29.0  87.8
 好中球数  500以下要注意  14110  7166  2470  230  719  7674
 γ-GTP
肝臓   13-64 44   38  50  52  51  67

白血球が基準値内に入って、他の値は全て正常値となった。
逆に、何故か肝臓の値γ-GTPが「67」とHレベルになってしまった。浴びるほど酒を飲んでいるわけでもなく、服薬の影響だろうか。




2020/8/30

私の病気は、それまでの5年生存率は40-50%だったが
昨年2019年12月に新しい抗がん剤が認可され、5年生存率が70%まで向上したそうだ。
不幸中の幸い、ではあった。

ただ5年生存率70%と言っても、再発して治療中も含めての%で、どんな状態だとしても、命は有る、という事だろう。

試しに、ほかの固定ガンの5年実測生存率を調べてみる。(国立がんセンターのデータ)

ステージは私と同じ、ステージⅡの場合。

胃がん-58.65
大腸がん-75.6%
肝臓がん-38.35
肺がん-40.85
乳がん-91.45
食道がん-44.35
膵臓がん-16.45
前立腺がん-89.95
膀胱がん-47.9%


ステージⅡというと、外科手術が奏効すれば治癒するのではとのイメージが有るが、大腸がん乳がん前立腺がん以外は、かなり低いのが意外だった。

あくまで全年齢層での平均値であり、既往症があろとなかろうと全て含んだ上での%なので、ご了承を。




2020/9/1

この日は通院治療で二回目の抗がん剤投与日。

8:30に採血して白血球などの値に問題なければ昼より抗がん剤を投与する。

最初の抗がん剤投与から丸三週間経っているので勿論問題なし。
11時に病院レストランで昼食をとって外来治療センターへ。

ベッドやらリクライニングシートが立ち並ぶ部屋で、これから4時間かけて投与を行う。



下の写真の点滴が、去年の12月に認可された抗がん剤、アドセトリス

がん細胞のみ攻撃する分子標的治療薬なので、従来の抗がん剤より副作用が少ない。



両首のリンパに移転した腫瘍や頭頂部の腫瘍は
この抗がん剤のおかげで、下の画像のようにように縮小している。

頭頂部腫瘍の画像(クリック注意・少々グロ)

16時には終了して帰宅した。

副作用は今のところ出ていない。

----------------------------------------------------------------------------------------
今回、入院と共に高額医療費の申請を行った。
これは前年度の年収に応じで高額な医療費が控除される制度。

私の場合、たまたま去年に株式の譲渡所得があり、最高額の適用区分となってしまった。
なので入院費は300.590円だった。これは食費と差額ベッド代も含む料金。

で今回の外来での抗がん剤治療代だが、薬代も含めて何と254,990円!

まさかここまで抗がん剤が高額なものとは・・・・。

ちなみに年収600万以下なら約8万円。210万以下なら約6万、となっている。

ただし多数回該当があり、過去1年間に3回以上上限に達した場合は、
4回目からは自己負担額は約半額になる。




2020/9/17




上記の岩波新書「いのちとがん」の著者、坂井律子さんは、NHKのディレクターで、20年以上前に一度仕事した事がある。その彼女が膵臓がんになった際の闘病記だ。

とても優秀でお酒好きなディレクターだったとの覚えがあるのだが、その後山口放送局の局長になって、東京の編成計画に栄転した直後、膵臓がんが発覚した。

膵臓がんの5年生存率は9%。2016年5月に発覚して、2018年11月に亡くなっている。約2年半・・・。

この本は何度も読み返したが、抗がん剤投与の副作用の凄まじさがよく分かる。
二週間に一回、50時間ほどの抗がん剤を投与する。投与当日から呂律が回らなくなり、味覚障害、倦怠感が襲う。白米は砂利の味がし、水は泥水を飲むよう。そして最後の4日間のみ、何とか普通の日常を取り戻し、家族と小旅行へいったり、友人と会食したりが可能となる。

この本に書かれている副作用と比べたら、今の私の副作用はほとんどゼロ、だ。
ホント、不幸中の幸い、だ。

ただこの後、一度は完全寛解するだろうが、再発すれば耐性ができるので同じ抗がん剤は効かなくなるかもしれない・・・。

-----------------------------------------------------------
抗がん剤の歴史

「抗がん剤の起源として、最初に登場するのはマスタード。マスタードとは毒ガスで、第1次と第2次世界大戦で使われていた。

第2次世界大戦中の1943年末、
イタリアの基地バーリ港に停泊していたアメリカの輸送船がドイツ軍の爆撃を受けて、積んでいた大量のマスタードとナイトロジェンマスタードが大量に漏出した。翌朝から、兵士たちには目や皮膚を侵され、重篤な患者は血圧低下とショックを起こし、それに白血球値が激減するなどして、被害を受けた617人中83名が死亡した。1日あたりの死者数でみると、被害後2~3日目の最初のピークが毒ガスによる直接死亡で、8~9日後の2度目のピークが白血球の大幅な減少による感染症での死亡と考えられた。

この報告を受けた米国陸軍のギルマンと同僚グッドマンはマスタードガスが引き起こす障害は、細胞分裂が抑えられた事によるものと推定した。この働きが放射線の作用と似ているため、これをがん治療に利用することを思いつく。
当時、白血病やリンパ腫の治療には放射線が使われていたが、固形がんは手術で切除するより他に治療法がなかった。

彼らは自説を確かめるため、がんを植えたラットを使って実験を始めた。
ラットにイペリットを改良したナイトロジェンマスタードを静脈注射で投与すると、何も処置をしなければ3週間程で死ぬところが、がんが縮小して12週間も長生きした。

この結果から、手術も放射線も使えない固形がん患者に対して、1946年世界初の抗がん剤治療が行われた。
その結果、数週間続く腫瘍縮小効果が確認され、この後、抗がん剤治療が発展して行った。」

---------------------------------------------------------------

戦時中の毒ガス兵器から、抗がん剤が産まれた。

戦争は忌み嫌うものだが、その反面、科学技術を発展させて来たのは歴史を顧みればわかる。
カーナビやグーグルマップも元は軍事衛星の商用利用であり、インターネットも核戦争時の通信手段として発展したものだ。






TOP


直線上に配置